会場選びとリング購入をする

基本的に結婚式をするときは式場の下見をしておく必要があります。一番最初に行うことでもっとも重要な部分と言えるでしょう。結婚式場は数多く用意されているのですが各会場により料金が違います。

予算に合うように会場を選定する、気に入ったところがあると体験を行い本格的な選定をしていくといった流れです。その際仮予約を行うのでちょっと注意することがあります。

この段階ではまだ式場を利用するのか決定していない状態です。仮予約の期間が過ぎてしまうと本格的な契約になってしまうので知っておくといいでしょう。契約をしてまった状態でキャンセルをする場合キャンセル料金が発生します。期間内に決めて結婚式場を選定するのが理想的です。

式場確保と同時に結婚指輪の購入も行います。ジュエリーショップを利用するときはオーダーメイドになるため、手に入るまで時間がかかるのが特徴です。セミオーダーなら1ヶ月位かかるので早めに購入しておきましょう。

リハーサルや引き出物の手配を行う

会場が決まったら招待状を作り各参加予定者に配りましょう。披露宴のプログラムも決めて余興の依頼をしたいなら行っておきます。また司会者の選定から引き出物の購入も済ませておくと良いです。

1ヶ月前にはメイクやヘアメイクを行い式のリハーサルをしておきます。演出に利用するBGMも決定して招待状の返信も確認しておくと良いです。送迎をするときは車の手配をします。

以上が結婚式の準備となっているので理解しておきましょう。

大阪の結婚式場と言えば、かつではその派手さが話題になったこともありました。しかし、近年はジミ婚ブームもあって、かつてのような派手さは影を潜めているようです。