どのスタイルで結婚式をやりたいですか?

基本的な知識として、結婚式にはいくつかのスタイルがあることをふまえておきましょう。どのスタイルで結婚式を行うのか決めておけば、選択肢が限られるので式場を選びやすくなります。スタイルのひとつがキリスト教式です。キリスト教の神様に結婚を誓う形式です。次に、神前(仏前)式もあります。神道や仏教の流儀で結婚を誓うスタイルで、基本的に和装で行います。最後に、宗教的な要素のない人前式です。これは結婚式の参列者に対して結婚を誓うスタイルで、新郎新婦の意向で自由に進行できます。大型ホテルを結婚式場に選べば、どの形式でも結婚式ができる可能性が高いといえます。神社で結婚式を行いたい場合は、神前式以外は選べないのが通例なのをふまえておきましょう。

結婚式場の設備を確認しよう

結婚式場の候補地がしぼられてきたら、各式場の設備を確認しましょう。どの会場でもスピーカーとマイク、動画投影用のスクリーンを備えているのが一般的です。結婚式で行いたい演出をある程度イメージしておいて、実現できそうな会場かどうか見極めてください。情報収集では、式場の公式ホームページをチェックするのはもちろんですが、ブライダルフェアがあったらぜひ参加しましょう。ブライダルフェアは式場を見学できるイベントで、式場スタッフに質問することもできるので式場選びに役立ちます。結婚式の料金プランや部屋の広さ(招待できる人数)も大切な要素なので、結婚式の演出はあとから決めてもかまいません。

京都の結婚式場には、ホテルが運営している結婚式場とガーデンウエディングなどのチャペル式結婚式場とがあります。まずは、ブライダルフェアなどを利用して、自分に合った式場を見学することが大切です。