狭い住宅にぴったりのダイニングソファ

畳の生活に馴染みのある日本人にとって、高さが低いローソファは、圧迫感がなく部屋が広く見えると人気です。中でもダイニングテーブルの椅子がソファになっているダイニングソファと呼ばれるタイプのものは、食事の場所もくつろぐ場所も一緒にできるため、日本の狭い住宅にちょうどいいと注目を集めています。しかし実際に購入するとなると種類も多く、どうやって選んだらいいか迷ってしまいますよね。ダイニングソファを選ぶ際には、多少気をつけなければならない点があります。

ソファを選ぶときは座り心地に妥協しない

ソファを選ぶ基準は、インテリアに合うかどうか、お手入れがしやすいか、座り心地はどうかなど、人それぞれです。しかし毎日座るものなので、座り心地を第一に考えるのが無難でしょう。特にローソファの場合は、立ったり座ったりするときに足腰に負担がかかってしまいます。テーブルの高さも大切です。テーブルとソファ座面との間は20~25cmが目安と言われていますが、実際に座ってみて、自分の肩や腰に負担がかからないか確認しましょう。座り心地に妥協は禁物です。

実店舗に足を運んで購入するのがおすすめ

購入の仕方には、実店舗で購入する方法と通販で購入する方法があります。家具を扱う通販は多く、ソファの数も豊富です。家に居ながらにして多数の商品を比較でき、メリットも多い通販ですが、実際に座った感覚が分からないのが難点です。近くに店舗がないなど実店舗に足を運べない場合は、サイズや素材などよく確認して注文しましょう。ソファでリラックスするには体に負担がかからないのが一番です。可能な限り実店舗に足を運んで購入するのがおすすめです。

ソファ ダイニングの魅力はゆったりとした空間を実現してくれます。これによりリラックスができ、いい団欒の雰囲気がうまれます。