複数回のお色直しは現実的には難しいと言えます

結婚式は一生に一度のものですので、新郎新婦は「こんなこともしたい」、「あんなこともしたい」と夢や希望が膨らむはずです。結婚式で一番ゲストの目につくものが衣装ですので、特に女性にとって花嫁衣装に身を包むことは憧れであるはずです。けれど残念ながら多くの場合結婚式場を使用することが出来る時間は限られていますので、何度もお色直しをすることは現実的ではありません。そこで多くの新郎新婦は前撮りを行うことを選択しています。

色々な婚礼衣装に身を包むことが出来ます

前撮りとは文字通り、結婚式の前に婚礼衣装に身を包んで事前に写真撮影を行うことです。結婚式ではウェディングドレスとカラードレスを着用するけれど、白無垢や大振袖など和装の婚礼衣装にも身を包んでみたいという場合や、反対に結婚式では和装中心なのでカラードレスを着用したいという希望を叶えることが出来ますので、洋装も和装もどちらの婚礼衣装も着てみたい、写真に残しておきたいという新郎新婦には前撮りを行うことをおすすめします。

前撮りはロケーションの選択も出来ます

そして前撮りの良いところは、様々な婚礼衣装に身を包むことが出来るだけではなく、写真館やスタジオでの撮影以外にもロケーションを選ぶ事が出来るということです。和装の前撮りを行う新郎新婦に人気なのが京都での撮影ですが、歴史ある神社仏閣で撮影して貰うことも可能ですので、スタジオでの撮影では得られることが出来ない雰囲気の写真になります。一生の記念に残る写真になることは間違いないでしょう。

結婚式の写真の前撮りを京都で行なうことができます。専門の業者があり、いろんな衣装での撮影をしてもらうことができます。